個人指導塾開校について

長く続く不況の影響で、少子高齢化の一途を辿る日本では、就職難も相成って高学歴が求められる社会になりつつあります。その状況の中で、個人指導塾開校はビジネスとして人気があり、開校するオーナー様が増えてきています。

一人っ子の家庭が多く、子どもの学習に掛けられる金額が増加している現在では、集団授業の塾より個別指導の塾はニーズがあり、これから益々需要が高まるビジネスでもあります。

こちらでは個人指導塾開校にあたり、注意点をいくつかご紹介いたします。


    【個人指導塾開校の注意点】

1・ただ単に個別の指導をするのでは駄目。

個別指導の塾に入塾させたからと言って、ただ通うだけでは必ず成績が上がる訳ではありません。本人のやる気はもちろんですが、教える側が受講する子どものペース(どこが理解できていないのか把握することが大切)に合わせて問題や授業の進め方を決めることが大切です。


2・学習塾だけではなく、自宅学習の時間確保も大切に。

学習塾で勉強するだけでは、成績向上に繋がりません。やはり塾で習った所の復習や予習をする時間(自宅学習)の確保が大切です。塾の時間割と家庭学習の時間割を講師陣や生徒とその保護者様と共に作り、学習要項を決めることが大切です。


3・コストを抑えることで利益を上げる。

生徒を集めるのは極めて困難です。不況の中、利益を上げるためには、少ない生徒数でもしっかりと利益を上げることが大切です。収益を確保するため、コスト削減の知識やノウハウを身につけていくことが個人指導塾開校の最大のポイントとなります。


低コストで収益を上げるといっても、初めて塾を経営するオーナー様や、やり方が分からないオーナー様にとっては難しい問題でもあります。ワン・ツー・ワン個別学院では、個別指導塾経営初心者でも安心して塾を開校できるよう、全面的にサポートいたします。

独自に開発した運営ツールを最大限に活用し、低リスク・高利益を実現しませんか。ワン・ツー・ワン個別学院では大阪や兵庫・関西などの近畿圏をはじめ、愛知で学習塾経営をお考えのオーナー様を募集しております。ご質問や資料請求はホームページよりお気軽にお問い合わせ下さい。


資料請求はこちら お問い合せはこちら

メインメニュー

携帯サイト

株式会社 ワン・ツー・ワンは携帯サイトでもご覧いただけます。