勉強に集中する方法

勉強が好きな子どもでも、何時間も続けて勉強をしていると徐々に集中力がなくなってきます。
集中力が切れた状態で無理に勉強させても、あまり意味がありません。子どもが勉強に集中するための方法をご紹介いたします。


   簡単な問題から始める

いきなり激しい運動をしても思い通りに体が動かせないため、スポーツをする前は必ずウォーミングアップをします。勉強もスポーツと同じように、ウォーミングアップが大切です。数学が苦手な子どもに最初から難易度の高い問題をさせても、答えが分からなくてやる気がなくなってしまいます。
簡単な問題から始めることで「解けた」という達成感を得られるので、勉強に対する意欲が湧いて集中力も持続します。


   体を動かす

勉強をするときは、椅子に座って前かがみになります。この姿勢を長時間続けると、筋肉が緊張して血行が悪くなってしまいます。そうなると、脳へ届く血液の量が減って酸素が十分に行き届かなくなり、集中力が低下します。この状態を防ぐためには、授業の合間に体を動かして筋肉の緊張をほぐすことが大切です。
ストレッチや伸びをするだけで、脳へ届く血液の量が増えるので眠気もなくなります。
授業中、眠そうな子どもや勉強に集中できていない子どもを見つけた場合は、休憩時間に体を動かすようアドバイスしてあげるとよいでしょう。


   照明の色を工夫する

暗い場所で勉強するのは目に悪いという話は有名です。それだけでなく、暗くなると眠たくなるというのも暗い場所が勉強に適さない理由の一つです。照明が暗い学習塾はないと思いますが、照明の色を間違えると集中力が低下してしまうので注意が必要です。
照明の色には、オレンジ系の色と白、または青っぽい色があります。オレンジ系の照明はリラックス効果が高いため、勉強をする環境には不向きです。白や青っぽい照明は脳を目覚めさせてくれるので、勉強に集中しやすくなります。


大阪府や兵庫県などの関西地方や、愛知県などの東海地方で学習塾加盟を検討されているなら、ワン・ツー・ワン個別学院へお問い合わせ下さい。サポート体制が整っているので、初めて学習塾を経営する方でも安心です。


資料請求はこちら お問い合せはこちら

メインメニュー

携帯サイト

株式会社 ワン・ツー・ワンは携帯サイトでもご覧いただけます。