分かりやすい話し方とは

塾講師に求められる能力の一つに、授業の分かりやすさがあります。これは、フランチャイズ加盟の塾でも個人経営学習塾にも共通することです。では、分かりやすい授業とはどのような授業なのでしょうか? 生徒に授業を理解させるうえで最も重要なのは、話し方です。同じ説明をしていても話し方によって生徒の理解度が違います。それでは、生徒に伝わりやすい話し方のポイントをご紹介したいと思います。


   威張らない

講師と生徒では立場が上なのは講師ですが、威張った態度で接していると生徒である子どもたちの信頼を得ることはできません。子どもは大人の心をすぐに見抜いてしまうので、人を馬鹿にしたり上から目線で話したりする大人は信用しません。 テレビで活躍するような有名な塾講師の話を聞いてみても、誰かを悪く言うことはほとんどありません。威張った態度や上から目線の話し方は相手に不快感を与えてしまうので、常に生徒と同じ目線で話すことが大切です。


   ジェスチャーを使う

有名企業の代表者が新商品をプレゼンする様子をご覧になったことがありますか? 彼らは必ずジェスチャーを交えながらプレゼンを行っています。大げさに身振り手振りをしながら説明することで聞き手の意識を集中させ、話に引き込むことができるのです。 日本人はジェスチャーを使うのが苦手な人が多いですが、自分の話を聞いて欲しいという気持ちを込めて話をすれば、自然とジェスチャーを交えた説明ができるようになると思います。


   間を取る

人に何かを伝えるうえで「間」はとても重要なポイントになります。ひたすらしゃべり続けても、それを全て理解するのは難しいです。間を取りながら話すことで聞き手は情報を整理する時間ができ、話した内容を記憶することができます。話に熱が入ると、つい早口になってしまう方もいらっしゃいますが、早口だと聞き手が話について行けなくなるので、生徒の反応を見ながら所々で間を置いて話を進めることをお勧めします。


大阪や兵庫などの関西で学習塾を開きたい、愛知県で学習塾のフランチャイズ加盟を検討しているという方は、ワン・ツー・ワン個別学院へご連絡下さい。ワン・ツー・ワン個別学院は、塾経営初心者のオーナー様でも安心して経営できるサポート体制が整っています。


資料請求はこちら お問い合せはこちら

メインメニュー

携帯サイト

株式会社 ワン・ツー・ワンは携帯サイトでもご覧いただけます。