良い塾との出会いが、子どもたちの将来を左右するかもしれません

ゆとり教育という名のもと、学習時間は減少し、学校教育は簡素化されています。
学校の授業に頼れない状況下で親たちの視線は、塾教育に向けられています。
一方で詰めこみ式の学習への批判も今だ少なくありませんが、そういった学習で
よい成績をあげている生徒が総合学習(思考能力を高める学習)においても
積極的であるというデータもあります。
また、よい成績を収めている生徒の多くは塾に通っているという事実も見逃せません。
つまり、良い塾に出会うことこそが、生徒の将来を左右すると言っても過言ではないのです。

学校とともに活き、ともに成長するという発想

学校生活は子どもたちにとって大切な時間です。
一日の一番長い時間を過ごすという子どもの視点はもちろん、
大人側から見ても、これから社会人となる人間形成の場として
重要な場所と時間であるといえます。
その学校生活を楽しくするために学力は最も重要な要因の一つといえます。
勉強ができるという自身が学校を楽しくさせるのです。
ワン・ツー・ワン個別学院の発想は、学校教育を否定するものではなく、
ともに活き、ともに成長することにあります。
子どもたちの毎日をより素晴らしいものにし、将来を拓かせていく…
それを社会的意義と考えています。